上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


官報と呼ばれるものがネットで公開されているそうな

以下コピペ

国会図書館、官報のデジタル化資料をネット公開、明治16年の創刊号から
Impress Watch 4月9日(月)13時0分配信

写真:Impress Watch
 国立国会図書館は9日、法令や国会の議事日程、叙位叙勲などを掲載する国の機関誌「官報」のデジタル化資料をインターネット上に公開した。明治16(1883)年7月2日の創刊号から昭和27(1952)年4月30日までの号外を含む官報を約2万1000点閲覧できる。

 また、すでに国会図書館内限定で公開していた英文官報「OFFICIAL GAZETTE : ENGLISH EDITION」(1946年4月4日から1952年4月28日の期間のみ刊行)を、日本語の官報の公開にあわせてネット上で公開する。

 このほか、約1万8000点の古典籍資料のデジタル化資料をネット上で公開したほか、4月11日からは自然科学分野の雑誌約19万冊のデジタル化資料、4月19日からは戦後期に刊行した社会科学分野などの図書約9万冊のデジタル化資料を館内限定で公開する。

 ネット公開した古典籍資料の中には、フランス人ジャイヨによる世界図を原拠とする平射図法の東西両半球図「地球全図」や、源義経の生涯を主題にした軍記「義経記」などが含まれている。

参考国会図書館、官報のデジタル化資料をネット公開、明治16年の創刊号から

Secret

TrackBackURL
→http://mic22.blog.fc2.com/tb.php/51-138ac802
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。